時たま、旅人

時たま、旅人

自称世界遺産ハンターが行く!旅好き会社員の備忘録

スペイン公共交通機関のストライキからの帰国

 

www.churobird.work

 

バスク地方

・人が親切!拙いわたしのスペイン語も根気よく相手してくれました。

・街がキレイ!歩きやすく整備されていて、ゴミなんか転がっていません。

・治安が良い!夜間の一人歩きも心配なし。むしろ千鳥足の酔っ払いの無事をこっちが心配するくらい。

・観光客がそれほど多くない!人混みがほとんどなく絶景も独り占めのチャンス多し。

・何よりも食べ物が美味しい!これに尽きます。

 

到着早々にビルバオを含めたバスク地方をとても気に入ったわたし。マドリードからの帰国便が出発する当日ギリギリまでビルバオに滞在することに決めていました。

行きと同じようにネットでスペイン国鉄のチケット予約を済ませてあったので、次に巡るつもりの新市街のバルを物色していた帰国前日。

 

スペイン国鉄から届いた1通のメール。

どうせリマインドかなんかのプロモーションだろうと普段ならスルーする外国語のメールを何気なく開いてみると・・・そこに書かれていたショックな内容は・・・

ストライキで運休!?

これじゃ帰国便に乗れないじゃん!そりゃあ、バルで酔っ払った時に気に入ったからこのままここに住んでも良いって言ったかもしれないけど、酔ってたし、少なくても今じゃないし!

 

仕方ないので、払い戻しの手続きをして1日早い予約を取り直し、早めにマドリードに帰ることにしました。ところが考えることはみんな一緒なんですよね・・・。1等しか空いてないし・・・。最初に予約したプロモーションチケットの5倍以上の値段なんですけど。

 

次の選択肢は高速バスです。スペイン大手のバス会社ALSAのネット予約を試みました。すると使い慣れたホームページなのに、何故だか今回に限って上手く予約出来ません。というか、検索しても便が表示されないんです。

嫌な予感がする・・・いやいや、嫌な予感しかしない・・・。

そこで、新市街の西側にあるサン・マメススタジアム近くのバスターミナルに行ってみることにしました。空席があればそのまま乗るつもりでスーツケース持参です。

 

案の定、バスターミナルの窓口が凄いことになっています。

なんとこちらもストライキ!!

嫌な予感は的中するもんですね。これはマジでヤバイパターン?メーデーが過ぎてたから油断してたけど、ここはスペインだった!

とりあえず窓口に並んで他にマドリードに行く方法はないか聞いてみることにしました。すると、確かにストライキ中だけど間引き運行なのでマドリードへ行ける便の席がわずかに残ってるというのです。

それ、買います!今すぐ、買います!!

 

というわけで、(明日も来るねと言って出てきたバルもあるというのに)お気に入りのビルバオとこんなに慌しくお別れをすることになるなんて想像だにしていませんでしたが、持参してきたスーツケースを積み込んで、そのままマドリードまでバス旅をすることになりました。

 

わたしの場合、行き先がスペインの首都にして大都会のマドリードだったから間引き運行でもバスに乗ることが出来てかなりのラッキーパターンでしたが、バスターミナルで出会ったバックパッカーの若者は行き先がバス以外ではアクセスできない地方都市だったのでバスは完全運休で、移動先からの飛行機もキャンセルせざるを得ない辛い状況だったようです。わたしも必死だったのでバスターミナルのカフェで慰めることしか出来ませんでしたけどね。あの子は無事に旅を続けられたのかしら・・・。

 

バスはブルゴスを経由して5時間ほどでマドリードのアメリカ通りにあるバスターミナルに着きました。急なことでしたが、ネットで近くのホテルを予約することも出来ました。

 

今回は友人や職場の人には伝えていないGW中の旅行だったのでお土産は買わない予定でしたが(黙っていれば旅行したことがバレないと思ってたんで)、計らずしも買い物の時間ができてしまったのでスペイン唯一のデパートEl Corte Englesでお土産を調達。

日本大使館の入ってるEl Corte Englesは高級住宅地サラマンカ地区にあります。買い物を終えてフラフラと散歩してると巨大なコロンブスの塔が立つコロン広場に遭遇。まだ行ってない場所だったのでラッキーでした。f:id:greenbirdchuro:20190611153458j:image

コロン広場の近くのデスクブリミエント庭園には巨大なスペイン国旗がはためいていました。
f:id:greenbirdchuro:20190611153451j:imageデスクブリミエント庭園は発見の庭という意味で、発見とは当然ながら新大陸発見のことです。そのことが刻まれた巨大なモニュメントもありましたよ。
f:id:greenbirdchuro:20190611153455j:image

 

 

翌日は無事に帰国便に搭乗することが出来ました。帰国便はアムステルダム経由。乗継時間が5時間ほどあったので、前の年に訪れてなんとなく街の様子がわかっているアムステルダムをフラッと散歩してみました。

 

アムステルダムの旅行記は次編で書こうと思っているので、今回は散策したアムステルダム中央駅周辺の景色だけ上げておきます。f:id:greenbirdchuro:20190611094817j:imagef:id:greenbirdchuro:20190611094822j:imagef:id:greenbirdchuro:20190611094826j:image前の年とは違って憎らしいくらいの良い天気です。このままアムステルダム観光したいなあ・・・なんて言ってて飛行機が飛ばなかったりしたらシャレになんないのでここはお口チャックで。(古くてすみません。いつか年齢がバレてしまいますね。)

 

マドリード到着から1時間もしないうちにスリ被害に遭って、ちょっと凹んだりしましたが、財布やパスポートやスマホなどの旅行のライフラインは無事だったおかげで、その後の旅はまずまず順調でした。充電器をスラれたせいで、デジカメPowerShot G7 Xが活躍できず、あまり良い写真が撮れなかったことだけが悔やまれます。でも、自販機で買ったスマホの充電器セットが意外とその後も活躍してくれています。まずケーブルが太めで丈夫なのでかなり荒く扱っても全然へたりません。世界各国で使われているC型プラグなので、旅行先で変換プラグ無しで充電ができます。さらに2台同時充電ができるので今や旅の必須アイテムです。

 

各地を巡ったスペイン旅行記は今後も書いていく予定ですが、今回はこれでおしまい。

 

www.churobird.work