時たま、旅人

時たま、旅人

自称世界遺産ハンターが行く!旅好き会社員の備忘録

スカイ・コスタネラと市場飯

イースター島からの帰りの飛行機では、行きと違って搭乗時間も通常の国内線と同じでしたし、出島手続き的なものもなく無事にサンティアゴに戻ってきました。

 

www.churobird.work

 

 

宿泊先は、旧市街にあって地下鉄駅に近接した高層のアパートホテル。ホテルの窓から見えた夕陽に染まるアンデス山脈と夜景が始まりかけたサンティアゴ市内、なんとも印象的で贅沢な景色です。f:id:greenbirdchuro:20190511133343j:image

 

イースター島に行く前にかすっただけのサンティアゴ。ゆっくり流れる島時間のことは一旦忘れて、残りの観光のため早起きの日々を再開しました。

 

数日前にも炎天下の中で歩いた旧市街を早朝の(混んでいなくて安全な)時間帯に散歩した後、まず向かったのはメトロ1号線のTobalaba駅から徒歩3分のコスタネラセンター。南米で最も高い300m、南半球ではオーストラリアのQ1に次いで2番目に高い64階建ての超高層ビルです。

 

この中には、お洒落なショップだけではなく、デパート・大型スーパー・ホームセンター・カフェエリア・レストラン・大型フードコート・シネマ・・・となんでも揃っていて、一日中いても楽しめる場所になっています。

 

でも、わたしがここにやってきた目的は買い物でも食事でもありません。エレベーターに乗ってたったの2分で辿り着いたのは、61階から62階にある展望フロア「スカイ・コスタネラ」。f:id:greenbirdchuro:20190511182928j:plain

 

そこからは目に飛び込んできたのは360度の大パノラマ!サンティアゴ市内とその背後に迫るアンデス山脈が同時に見渡せました。

f:id:greenbirdchuro:20190511141124j:image

 

いくらサンティアゴが大都市だと言っても、東京のような高層ビルはほとんどありません。需要がないのか、チリが日本と同じ地震大国だからか理由はわかりませんが。だから視界をさえぎるものなどこれっぽっちもありません。

f:id:greenbirdchuro:20190511183106j:plain

 

窓ガラス越しの写真なのであまり綺麗には写せませんでしたが、自撮り棒まで持ち出して悪戦苦闘するわたしに、スタッフも他のお客さんもみなさんが協力的でした。

f:id:greenbirdchuro:20190511153417j:plain

東京スカイツリー以外の世界のタワーというタワーを制覇している高いところが大好物というわたしも大満足。(あえてスカイツリーに登ってない理由は、ここではスルーしてください。)

 

誰よりも長く粘って眺望を楽しんだ後にやってきたのはアルマス広場の北にある中央市場。シーフードがリーズナブルに食べれるというこの市場は郊外のアウトレットモールみたいにとてもキレイな外観でした。

f:id:greenbirdchuro:20190511133636j:image

 

中もとても清潔、市場という割にはレストランも洗練されていました。味にハズレはなさそうでしたが、観光客向けということでそこそこいい値段だったと思います。シーフード好きのイメージが強い日本人向けにわさびと醤油が用意してあるレストランも多く、あちこちから日本語でお誘いの言葉がかかります。「サシミ、オイシイヨ〜」みたいな。わたしはサンティアゴ滞在中に、日本人には1人も出会いませんでしたけどね。f:id:greenbirdchuro:20190511133645j:image

 

観光気分を味わったわたしが向かったのは中央市場からマポチョ川を渡って北に10分少し行った場所にある地元住民向けの市場。この10分足らずの移動の間に警察官の大捕物に2回も出くわし、明らかにアウマダ通りとは違う怪しい雰囲気になってきました。サンティアゴ市警の皆さんの頑張りを見て心強くもなりましたけど、ここは警戒モードMAXです!!

 

変な路地に入り込みたくないので地元のおばちゃんに道を尋ねたら「セニョーラ!スマホやカメラはバックにしまって!バックは体の前で抱えないと危ないわよ!」とアドバイスされました。街中ではスマホの地図が頼りだったので困ったな・・・と思っていたら「ちなみにあなたの探してる市場はそこよ」と。

何かの倉庫だとばかり思っていた平屋の大きな建物・・・お世辞にも綺麗というには程遠いけど、これこそ本物のサンティアゴ市民の台所「ベガ市場」でした。f:id:greenbirdchuro:20190511133711j:imageキレイそうなところを選んで写真撮ったけど周りはゴミだらけでした。

少し足を踏み入れてみたベガ市場。明らかにそこで浮いていました、わたし。小心者のくせに警戒心に乏しいことで定評のあるわたしでも、おばちゃんのアドバイスがジワジワと効いていて怖気付きそうでしたが、近くに警備員さんがいるのを確認してこそっとカメラをとり出して市場の入り口付近を撮影しました。

f:id:greenbirdchuro:20190511183426j:plain

f:id:greenbirdchuro:20190511133717j:plain


気配を消して観光しようと思ったのに意に反して注目を集めている雰囲気を察し、なかなかお目当ての店を探しきれませんでした。結局、警備員さんに相談したら、連行されたという方が近い状態でオススメのお店に連れて行って貰えました。強面そうだけど優しい警備員、この子に食べさせてやってくれ的な事を言い残して去って行きました。

この市場で食べてみたかったのはチリの市場飯カスエラ。芋、かぼちゃ、肉、とうもろこし、香草、米がたっぷりのチリ風ポトフです。

f:id:greenbirdchuro:20190511133742j:image

これまでの南米料理と同じくボリューミーでしたが、しっかりとした味付けながらもアッサリとしていて手が止まらず、久々に完食することができました。

 

ベガ市場、とにかく安いです。多少の環境には目をつぶっても本物の市場飯を食べたい人には絶対にオススメ!チュペとかアボガド入りホットドッグとか食べたいものは他にもあったけど、カスエラひとつでお腹も満たされてしまったので、次の目的地サンティアゴ郊外のワイナリーに向かいます。

 

www.churobird.work