時たま、旅人

時たま、旅人

自称世界遺産ハンターが行く!旅好き会社員の備忘録

世界の果てグルメ

 

www.churobird.work

 

ウシュアイアのメインストリーや海岸通りにはお洒落なカフェやレストランが並んでいます。

 

パタゴニアの食料の多くは輸送に頼っているので、物価が高く、新鮮野菜なんぞ手軽に食べれませんが、港町だけあってシーフードは充実していました。

 

ウシュアイアで絶対に食べる!と決めていたのは、キングクラブ=セントージャ(たらばガニ)!色々な調理法があるけど、お店のオススメはシンプルに茹でたもの。レモンを絞ったり、付け合わせのソースを合わせたり、一匹丸ごとを一人で完食しました。冷凍ではない新鮮なたらばガニは、甘みがあって、身が締まっていて美味しかった!

f:id:greenbirdchuro:20190418215615j:image

たらばガニの身が贅沢にゴロゴロと入ったシーフードスープと食べれば、もう大満足。

f:id:greenbirdchuro:20190418215448j:image

味をしめて、翌日も他の店でたらばガニを食べようと試みましたが、その日は仕入れが出来なかったとのこと。代わりにシーフードスープとエビのアヒージョを頂きました。

 

写真では上手く伝わらないけど、シーフードスープが凄いボリュームです。パセリとレモンのアクセント以外はオールシーフードという贅の限りを尽くした一品。スープの筈なのに、具が多すぎてすーぷが少なく飲むとこがない!という有様。

f:id:greenbirdchuro:20190418215529j:image

エビのアヒージョは、プリプリの海老にニンニクがピリッとよく効いていて、これまた食べ放題のパンがすすみました。

f:id:greenbirdchuro:20190418215453j:image

パタゴニアのシーフードにはには、パタゴニア産のワインとビールがぴったりでした。

f:id:greenbirdchuro:20190418224626j:image

 

セントージャは決して安いとは言えませんが、日本でたらばガニを食べることを考えたら驚きの価格設定です。店頭の生簀でこれ見よがしにセントージャを泳がせている店もあるので、気に入った店を探してみるのも楽しいと思います。今日は入荷してない・・・と言われたってことは、冷凍ではなくて生のセントージャを出してるってことだと思うので有り難み倍増でした。

 

 

www.churobird.work

 

[rakuten:meiji-ya:10001988:detail]