時たま、旅人

時たま、旅人

自称世界遺産ハンターが行く!旅好き会社員の備忘録

港町プエルトモントでまたまた市場飯

本当にざっくりとしたサンティアゴ観光を終えたわたしは、端から端まで慣れ親しんだ(と言うより奔走した)アルトゥーロ・メリノ・ベニテス国際空港に別れてを告げて、翌朝には機上の人となっていました。 飛行機はチリを南下して北パタゴニア玄関口プエルト・…

ウンドラーガ・ワイナリー

多くの日本人にとって、チリと言えば、 ワイン >>> イースター島 日本に輸入される外国産ワインのうち、フランス産やイタリア産を抑えてチリワインが堂々の第1位なんだそうです! わたしも普段からお世話になってるチリワイン。アルゼンチンのメンドーサでワ…

スカイ・コスタネラと市場飯

イースター島からの帰りの飛行機では、行きと違って搭乗時間も通常の国内線と同じでしたし、出島手続き的なものもなく無事にサンティアゴに戻ってきました。 宿泊先は、旧市街にあって地下鉄駅に近接した高層のアパートホテル。ホテルの窓から見えた夕陽に染…

絶海の孤島のB級グルメ

たまに出会うバックパッカーの若者の中には、長旅の節約のためカップ麺とスナック菓子ばかり食べているとか言う人もいますが、それではもったいない! 旅の醍醐味の1つは、その土地のグルメを楽しむこと。そこに訪れない限り二度と食べれないかもしれないん…

ヒバの王が上陸したビーチとカリカリダンスショー

イースター島の海岸線は岩でゴツゴツしたところが多く、周囲を全て海に囲まれていても、海水浴場と言えるはこのアナケナビーチくらいしかありません。 白い砂浜が広がり、波も穏やかなアナケナビーチは、リゾート地らしくキレイに整備されていて、食事処や清…

モアイ製造工場と日本の技術力

イースター島南東部にあるラノ・ララク山はモアイの製造工場と呼ばれる石切り場。イースター島のすべてのモアイ像がここで作られたといっても過言ではありません。なだらかな山に生えているように見える黒い影の全てがモアイなんです!! ラノ・ララク山には…

モアイ達の悲しい歴史

マタベリ国際空港の滑走路沿いの道を南側に出るとアフ・ビナプが見えてきます。 ここのアフ(モアイの台座)の石組みはその精巧さが際立っています。まったく隙間のない石組みはペルーで見たインカの遺跡そっくり。長くその関係性が調査されてきましたが、今…

鳥人間になるための儀式

島の時間は本当にゆったりと流れていました。現地ツアーのお迎えも9時半からとスロースタート。 現地ツアーのメンバーは3世代家族連れを含めて15人ほど。英語はわたしを含めた2人だけでスペイン語圏の人ばかりでした。というより、ほとんどがサンティアゴか…

ファーストモアイ発見

イースター島に就航しているのはラン航空の1社のみ。南米にも数え切れないくらいのLCCがあると言うのに完全なる独占市場です。だから、チケットも決して安くありません。しかも、この時期のイースター島は良くも悪くもベストシーズンときています。 ビジネス…

イースター島行き国内線の罠 後編

前回までの話は・・・ イースター島行きの飛行機のボーディングブリッジで乗客から入管書類(PDI)を回収していた警察官に、なぜかわたしはPDIの受け取りを拒否されたのです。 www.churobird.work わたし:「 これじゃない」とは?! そんなこと言われてもこれし…

イースター島行き国内線の罠 前編

チリ人にとってのイースター島って、日本で言う返還間もない沖縄みたいなものなんでしょうか?サンティアゴの人達と話していてもイースター島をまるで遠い異国のリゾート地のように自分の国ではないみたいに「あ〜、良いとこらしいね」的に言うんですよね・…

サンティアゴ街歩きとトイレ事情

サンティアゴには大きなバスターミナルがいくつかあり、わたしの乗ったバスが着いたサンティアゴ南ターミナルは、アラメダバスターミナルのお隣かつメトロのサンティアゴ大学駅と直結している便利な場所にありました。まず、その日の夕方に乗る予定の空港行…

アンデスを越えて アルゼンチン-チリ国境越え

アコンカグアを拝むという目的を達したアンデス山脈ツアーの翌日、予定通りメンドーサからチリのサンティアゴへ向けてバスで国境を越える事にしました。 メンドーサのバスターミナルは市街地から少し東外れにあります。ネットであらかじめ取っておいたチケッ…

インカの橋を憂うNOと言えない日本人

www.churobird.work クリスト・レデント-ル峠を出たバスは、登ってきたヘアピンカーブを逆走し、2〜3000mくらいまで急激に高度を下げてきました。 ミニバスはプエンテ・デル・インカに到着。ここは、チリとの国境までわずか16㎞の場所にある標高2720m…

南米最高峰アコンカグアに挑む?!

陸路でアンデス国境越えをしてみたい!南米最高峰アコンカグアを見てみたい!(ついでにワインも・・・)とメンドーサに降り立ったわたし。 忘れかけそうですが、今回の旅のハイライトは「イースター島」。2019年現在、タヒチかサンティアゴ経由の飛行機のみア…

ワインの街メンドーサ

トータル30時間という気の遠くなるような長〜い飛行時間をなんとかやり過ごし、1年ぶりに降り立ったアルゼンチンの街は、西部の高原地帯にある標高800mの街メンドーサ。 チリに向かうアンデス横断鉄道や道路の要地として知られているこの街は、アンデス最高…

懲りずにアルゼンチン再び

2019年2月某日。 再び南米(詰め込み弾丸)ひとり旅をするべく、わたしが向かったのは、スペインのマドリード。丸い地球だから、東に行こうと西に行こうといつか南米大陸に辿り着くはずだけど、一見すると「逆方向じゃね?」と思われる若干遠回りルート。 その…

新しい旅の始まり 旅の計画

休みの度にあちらこちらと旅行してたら、めでたく43カ国制覇とあいなりました。そろそろ旅人なんて名乗ってもギリギリ許されるんじゃない?なんて思ったりしてます。 人生最良の時ベスト10に入る南米ひとり旅から無事に帰国して数ヶ月が経った頃、わたしの中…

アルゼンチンよ、アスタ・ルエゴ

www.churobird.work ブエノスアイレスの心臓とも言える5月広場はあいにくの工事中。独立運動「5月革命」が由来の由緒ある場所なのに・・・。マヌエル・ベルグラーノ将軍の騎馬像も工事資材に埋もれてしまってました。 5月広場に面した大統領府はその色からカ…

メトロに乗って in 南米のパリ

www.churobird.work アルゼンチン最終日がやってきました。 徒歩での観光は限界なので、公共の交通機関を利用するべく、ブエノスアイレスの交通カード「SUBE」にアルゼンチンペソをチャージしました。このSUBE、カラファテ行きの飛行機を待つ間にエセイサ空…

南米のパリ上陸

パタゴニアに別れを告げて、、、 エル・カラファテからの飛行機はブエノスアイレスのアエロパルケに到着。こちらは国際線がメインのエセイサ空港と違って、市街地により近い便利な場所にある国内線メインの空港です。 市街地からの距離や役割が成田と羽田の…

パタゴニアグルメ

不毛に近いパタゴニアでは物資を輸送に頼っているので、南米の他の地域に比べても物価が高いのが難点。しかも、この上ない観光地価格でした。それでも、旅の思い出も旅のグルメもプライスレス!!とパタゴニアグルメを楽しんできました。 トーレス・デル・パ…

氷河トレッキング in パタゴニア

www.churobird.work 道中にある物置小屋のようなところで、ハーネスをつけられてちょっとビビりましたが、クレバスに落っこちた時に必要ですもんね・・・氷河の登り口まで来ると、スタッフがそれぞれのサイズに合わせてアイゼンをつけてくれます。さりげなく…

ペリト・モレノ氷河

またまた、早起きしました。 この日のわたしの行き先は、ロス・グラシアレス国立公園のペリト・モレノ氷河。写真をひと目見た時からいつかは行ってみたいという思いを募らせてきました。そして氷河の上をトレッキング出来ると知って、募る思いが抑えきれなく…

パイネ国立公園をなめる

www.churobird.work 無事にチリ入国 初上陸です!聞き逃した(読み流した)方のためにもう一度。フィッツロイで出会ったスーパーシニアズが1週間かけてトレッキングすると言っていたトーレス・デル・パイネ国立公園。その広大な国立公園様を、この私めは、なん…

カルロスとのバス旅

パタゴニアで外せない観光地が、チリのマガジャネス・イ・デ・ラ・アンタルティカ・チレーナ州にあるトーレス・デル・パイネ国立公園。 ・・・ホント、二度と言えない長い州名・・・。 荒涼としたパタゴニア独特の風景を目指して多くの観光客がキャンプやト…

野犬と暮らすパタゴニアの街

チャルテンでの初登山を終えて、ミニバスでアルヘンティーノ湖に面した風光明媚な都市カラファテにやってきました。カラファテは人口8,000人前後のサンタ・クルス州第2の都市です。 街のすぐ裏側にはアルヘンティーノ湖が広がります。1,415 km²もあるアルゼ…

フィッツ・ロイに挑む後編

登山未経験者が無謀にもひとりでフィッツロイへ挑んだ話の後編です。 www.churobird.work ポインセノットキャンプ場を過ぎて急に始まった心臓破りの坂道。 一段一段の段差の高いこと、高いこと、、、。足場も悪く、足ひねり癖のあるわたしには、トレッキング…

フィッツ・ロイに挑む前編

いきなりですが、これがフィッツロイです。 このシルエット、どこかでみた覚えありませんか!? そう、パタゴニアのブランドロゴのデザインそのものなんですよ。 フィッツロイの天空を突き刺すような険しい山頂は氷河によって削り取られたと言われています。…

パタゴニア事件簿後編

www.churobird.work わたしの目に飛び込んでいた驚きの光景、、、それは、まさに災害そのものでした。 わたしが眠っていたベッドの周りにリュックやスリッパがまるで池の落ち葉のように漂っているではないですか! 水深10センチ以上、いや、もっとあったかも…